授乳用のケープ

授乳用のケープは、授乳時に母親の胸元をふんわりと隠してくれる優れものです。 また赤ちゃんの方も周囲の刺激から遮断されて、お乳を飲む事に集中できるようです。 昔は母親が胸元を出して授乳しても許されるような時代があったようですが、今そんなことをしたら大騒動になります。

たとえ気を許せる仲間内であったり、親戚の集まりなどの場所であっても、きちんとした礼儀として授乳用のケープは使用することをおすすめします。 授乳している母親側からしたら、可愛い我が子に授乳していいる行為そのものは神聖なものであって、生々しいという感想は持たないものですが、 もしもそこに思春期の子供達がいたらどうでしょうか。 やはり何かしら隠すのが礼儀ではないでしょうか。

ケープ自体は薄手の布製で、前に留めるボタンやホック、リボンがついているものもあります。 どのようなケープが良いかは、実際に手にとってみるとよくわかります。 柄物、濃い色でできたものなど様々な製品を見ると、授乳というとてもプライベートなことも、のちのち可愛い思い出になるのだろうと思わされます。 公共の場で授乳することはまず無いかと思いますが、いつ何が起こるかわからないため、いつも母親バッグの中に授乳用のケープを入れておくのがおすすめです。

食事用の前掛け

抱っこひも

Main Menu

Sub Menu